融資を受ける際ベンチャー企業の有利なお条件とは

ベンチャー企業が融資の際抱える問題点

知識と新しい技術で進出するベンチャー企業

ベンチャー企業の大きな特色はなんといってもその斬新なアイディアと新しい技術にあると考えられます。
たとえば電子マネーやキャッシュレス決済、ビットコインに代表される仮想通貨などはほんの一例といえるでしょう。
主にIT技術を売りにしている企業が多く、成長し始めるとそのスピードが異常に早いことも特徴といえます。
さらに物流よりもアイディア勝負の起業なので在庫を抱えることや過剰人員をおく必要がないことなども特徴といえます。
そしてアイディアが当たれば簡単に海外進出も可能なこともベンチャー企業の強みとして上げられることが多いです。
事実、開業2~3年で海外進出を果たしている企業は数多く存在し、年商も右肩上がりの企業も多く存在します。

ベンチャー企業の融資の問題

しかしベンチャー企業の最大の問題点は成功するまでに資金繰りがかなり厳しいこと、また増資をしたくとも銀行からの有志が受けにくいことが大きな問題になっています。
急速に制呼応してしまえばこっちのものなのですが、ある程度年商を積み重ねないと歴史が浅いため銀行の信用がなかなか得られないことが大きなネックですね。
銀行は貸し倒れを一番嫌うのでハイリスクハイリターンのイメージが強いベンチャー企業への融資は審査を厳しくして望むことが多いようです。
間違いなく返済してくれることを銀行は望むので、おのずと小規模な企業やベンチャー企業へはなかなか融資をしたがらないのも事実です。
とにかくベンチャー企業の場合は資金繰りを成功をある程度収めるまで乗り切り、年商ベースの信用を勝ち得てから融資を受けるのがパターンといえます。