融資を受ける際ベンチャー企業の有利なお条件とは

ベンチャー企業が融資を受ける場合に有利に持っていく条件とは

銀行から融資をもらう難しさ

ですのでベンチャー企業が銀行から融資をもらうことはなかなか難しくメガバンクあたりはほとんどベンチャー企業への融資は行っていないのが現状です。
よって地方銀行や日本政策金融公庫などから資金融資を受けるのが現状としては多いと思います。
その場合大きく注意しなくてはいけない点は自己資金の額面と年商ベースが確立されているかが大きく融資を左右します。
自己資金は最低100万円以上はないと融資は厳しいでしょう。
また確実に報告できる年商ベースがないとこれも融資には相当厳しいといえるでしょう。
これらはまだ良い方でメガバンクなどは年商が10億以下の起業には融資を実施していません。
ハードルが最も高い銀行の例といえるでしょう。

こちらに条件が良くなるための方法とは

では融資の利きそうな銀行に融資を依頼する場合、こちらに有利な条件で話を進めるためにはどうやったらよいのでしょうか。
まず第一に銀行側が懸念している懸念材料を事前に調べて対策を講じておくことが必要です。
それには自己資金の見直しが一番有効といえます。
銀行はベンチャー企業のような小規模事業に融資を行う際自己資金の額面をもっとも重視します。
これは貸し倒れを予防するために自己資金を注視しているので、もし増資が必要な場合は思い切って増資をしてから融資の相談に行きましょう。
また自己資金に不安が残るようでしたら保証人か掛けられる担保を用意しておくのも方法です。
このように事前に対策を打っておくことで融資に関する条件は有利に働くことが多いので事前の準備をしっかり行いましょう。